最新の医療設備を導入。岩見沢の歯科・歯医者・小児矯正・インプラントなら当院へ。

メールでのお問い合わせ

0126-24-8418


【診療時間】平日9:00~19:00まで(土曜は9:00~12:00まで)【休診】日、祝

マイクロスコープ

     

    歯科治療は細かい部分を扱う治療がほとんです。ですが、肉眼で見える範囲で治療が行われているのが一般的です。なので、このような歯科治療というのは、実際、細かな問題点が見逃されていることも多いです。そのため、歯の痛みがなかなか取れなかったり、歯が弱くなってしまったり、治療をしても治らず、抜歯になってしまうケースも…
    なので、当院では大切な歯を確実に治し、できるだけ長く残すことのできるように、マイクロスコープを活用した精密治療を行っています。

    日本の歯科医院での普及率は5%程度とまだまだ普及していない現実があります。
    患者さんの未来を考えた、再治療のない永続性の高い歯を保つためには、マイクロスコープを使用した治療は必要不可欠です。

    マイクロスコープを使った精密治療
     
    マイクロスコープの力を発揮するのが、神経をとってしまった時の”根管治療”です。「根管」とは、歯の内部にある「歯髄(歯の神経)」が通っている組織のことをいい、歯髄が細菌によって炎症を起こしている場合に、根管内から感染した歯髄を取り除いて殺菌する治療のことを”根管治療”とよびます。
    これまで根管治療はドクターの指先の感覚を頼りに治療してきました。
    根管は複雑な形状をしていることがあるため、感覚だけで根管内の感染した組織を完全に取り除くことはかなり難しいとされてきました。
    しかし、マイクロスコープの使用により、感覚ではなく拡大視野でしっかりと患部を確認することで、感染組織を残さず取り除けるようになりました。
    根管治療は、歯の寿命を左右する重要な治療です。当院では、「できるだけ患者さまの歯の寿命を延ばしたい」という思いから、マイクロスコープを使用して根管治療を行なっています。
    当院のマイクロスコープ
    当院が完備している高倍率マイクロスコープ「ネクストビジョン」とは、肉眼の最大80倍まで視野を拡大できる顕微鏡の機能と口腔内カメラを搭載した精密機器です。
    治療部位を4K画像で80倍、2K画像で30倍と高倍率・高画質でモニターに映し出すことができるため、細部もしっかりと把握することができます。
    そして、モニターで確認しながら、精度の高い処置が行えるので、歯面や歯間、根管内部の状態を正確に捉えることができ、さまざまな症状に対して的確な治療がご提供可能です。
     
     
    根管治療
     

    根管は非常に複雑な構造をしており、歯1本1本でその形状は異なります。
    肉眼では確認することができないため、難しい治療でした。マイクロスコープを使用すれば裸眼では見ることのできない根管もしっかり捉えることができますので、構造や状態などを正確に把握することが可能です。勘に頼らない事実に基づく治療を行えることで、再治療のリスクが大幅に下がり、歯を保存する確率が上がるのです。
    根管治療は大量に削れば歯が割れて、削り足りなければ細菌感染が残るとても繊細な治療です
    適切に感染を見つけて適切に対応することが歯を残す最後の手段になってきます。

    虫歯治療
     
    虫歯は初期段階の場合、痛みなどの自覚症状がほとんど現れないため、気づいた時には虫歯が進行してしまっていたというケースも多々あります。しかし、マイクロスコープであれば、肉眼では見えないような小さな虫歯も確認することができるため、初期段階の虫歯を発見し、早期に治療を行うことができるようになります。そして、必要最小限の虫歯部分だけを削ることが可能なため、少ない侵襲で虫歯を治療することもできます。
    マイクロスコープを使用することで、補綴物・修復物の適合精度を高めることができます。適合精度の高い補綴物・修復物はメインテナンスがしやすいため、結果、天然歯の維持に繋がります。
     
     
    歯の亀裂
     
    マイクロスコープを使うことで、歯に亀裂がないかどうか確認することができます。虫歯になっていないのに、噛んだ時に痛みがある場合などは、歯に亀裂が生じている可能性があります。そうした症状をお感じになった時には、一度診療を受けられることをおすすめします。

TOP