最新の医療設備を導入。岩見沢の歯科・歯医者・小児矯正・インプラントなら当院へ。

メールでのお問い合わせ

0126-24-8418


【診療時間】平日9:00~19:00まで(土曜は9:00~12:00まで)【休診】日、祝

   

こんばんは!

W杯はじまりましたね!

歯医者内でも、サッカーファンが居るので、連日楽しく話しています^^

そこで、今日は、歯とサッカーに関して、、、

 

英国でプレーするプロサッカー選手の40%近くが虫歯を持っており、

場合によってはピッチ上でのパフォーマンスに影響が出るほど深刻なことが最新の研究で明らかになっているようです。

 サッカー選手たちは大金を稼ぐかもしれないが、

歯の治療にはほとんど費やさないようです。。。

 

研究によると、サッカー選手たちの歯と歯ぐきの平均的な状態は、同世代の英国人よりも悪いという

 虫歯が深く進行して神経にまで達し、顎で感染を引き起こしている選手が数人見つかったそうです

 選手の年齢層は18~39歳で、平均24歳で、各チームとも少なくとも9割の選手が検査を受け、

その結果、全体の37%の選手に進行中の虫歯が見つかり、半数以上の選手に酸による歯の侵食がみられたそうです!

また10人中8人の選手に歯周病があり、4人中3人の選手は口内の半分が冒されていて、

20人に1人の割合で、歯茎のダメージが元に戻せない状態だそうです・・・

4分の3近い選手が、調査の前年に歯医者にかかったと述べたが、実際に診察してみると、

多くの選手がそれほど歯の健康を意識していないようです・・・

6人におよそ1人が、問診時に口内または歯の痛みを感じており、4人に1人が熱い飲み物や冷たい飲み物がしみると回答した。

また選手の半分近くが、虫歯や歯周病が気になっていると答え、5人に1人が生活に支障が出ていると述べた。

さらに7%の選手が、歯の状態が悪いせいで、試合やトレーニングに悪影響が出ていると回答した。

 「極めて激しい衰弱と痛みを起こす可能性がある親知らずの感染にかかっている選手」も見つかった。

放置すれば最悪の場合、試合はおろかトレーニングもまったくできなくなるという。

 

これを見たときに、もっとよいパフォーマンスするために、

歯の痛みから解放するため、治療を受け、またそうならない様に

定期的に検診するといいのになと思います!!

困ってから治療となると、みなさんが嫌いな痛い思いをすることがほとんどですから、

そこまで我慢せずに、来院しましょう!!

あのブラジル代表のネイマールも矯正していたんですよーー^^

 

 


鳩が丘歯科クリニック

〒068-0828 北海道岩見沢市鳩が丘3-1-7
中央バス「幌向線」「緑が丘・鉄北循環線」岩見沢バスターミナルで乗車
「岩見沢市役所前」で下車。バス停から徒歩5分です。

https://www.hatogaoka-dc.jp/


TOP