最新の医療設備を導入。岩見沢の歯科・歯医者・小児矯正・インプラントなら当院へ。

メールでのお問い合わせ

0126-24-8418


【診療時間】平日9:00~19:00まで(土曜は9:00~12:00まで)【休診】日、祝

岩見沢 歯医者 健康

   

こんばんは!(^^)!

今回は豆知識のようなものをお話したいと思います。

「噛める歯があると糖と脂肪が減らせる!?かもしれない」ということです。

 

奥歯を失ったままだと、じつは太りやすい?!

「奥歯をなくすと食が細くなって痩せる」だなんて大間違いです。

噛めないと、糖質過多になって太る方が多いそうです!

奥歯を失って、「いつかはなんとかしなくては」と思いながら、まだ噛めるところが他にもあるから大丈夫と、いつの間にか慣れてしまい治療を先延ばしにしている方は多いのではないでしょうか?

でもその慣れこそ怖いのです。

奥歯を失うと、咀嚼機能が低下します。

咀嚼機能が低下すると、軟らかくて食べやすいもの、簡単に満足感を得られるものについ手が伸びやすくなります。

例えば

・うどん

・そば

・ラーメン

 

など麺類は、よく噛まなくても食べやすい食べ物です。

すすって流し込めるので、「噛めない」というストレスをほとんど感じずにすむそうです。

カレーライスも同様です。

手軽に満足感が得られますよね。

その結果、「しっかり食事はとれている」という自己評価になりがちです。

こうした噛めなくても食べられる食事は、じつはカロリーオーバーを引き起こしやすいそうです。

また、筋肉量の維持に必要な動物性タンパク質や、老化を防ぎ体調を整える抗酸化物質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが乏しく、深刻な栄養不足をまねきやすいのです。

肥満につながりやすいうえ、低タンパク質で筋肉が減ってしまうのでは、むしろ健康増進には逆効果になってしまうと思います。

奥歯を失ってから、食の好みが変わってきていると感じることはありませんか?

血糖値や内臓脂肪、体脂肪率は変化していませんか?

病気の発症リスクなども、減らすために歯科で一度検診を受けてみませんか?

 

 

意外と知らない、サルコぺニア肥満

サルコぺニアのなかでも深刻なのが、「サルコぺニア肥満」と呼ばれる状態です。よく噛めないために軟らかい食事を好み、糖質偏重の高カロリー低栄養食が続くと、肥満して血糖値と体脂肪率が上がり、糖尿病や動脈硬化の発症(重症化)のリスクも上昇します。そのうえたんぱく質と野菜不足によって筋肉が痩せて体力が落ちてしまうと、持病の悪化と体力の低下というダブルパンチをうけることになってしまいます。食事の改善をすることをおすすめします。

 

 

ちなみに、サルコぺニアとは

サルコぺニアとは、加齢や疾病により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋などの全身の「筋力低下が起こること」を指します。

または、歩くスピードが遅くなる、杖が手すりが必要になるなど、「身体機能の低下が起こること」を指します。

 

 


鳩が丘歯科クリニック

〒068-0828 北海道岩見沢市鳩が丘3-1-7
中央バス「幌向線」「緑が丘・鉄北循環線」岩見沢バスターミナルで乗車
「岩見沢市役所前」で下車。バス停から徒歩5分です。

https://www.hatogaoka-dc.jp/


TOP