最新の医療設備を導入。岩見沢の歯科・歯医者・小児矯正・インプラントなら当院へ。

メールでのお問い合わせ

0126-24-8418


【診療時間】平日9:00~19:00まで(土曜は9:00~12:00まで)【休診】日、祝

歯周病と糖尿病の深い関係

   

 

こんにちは。

 

今日は、歯周病と糖尿病の関係についてお話します。

 

歯周病とは、細菌が歯と歯肉の隙間、「歯周ポケット」で増殖することで

歯肉に炎症を起こし、さらに歯を支えている骨を溶かして

歯周ポケットが深くなるほど歯を支える骨が失われ、最後は支えきれずに抜歯に至ってしまうものです。

 

なぜ、歯肉の炎症である歯周病が糖尿病に関わってくるのでしょうか。

出血や膿を出しているような歯周ポケットからは、炎症に関連した化学物質が血管を経由して体中に放出されています。

中等度以上の歯周ポケットが口の中全体にある場合、そのポケット表面積の合計は掌(てのひら)と同じ程度と考えられています。

歯周ポケットの中身は外からはなかなか見えませんが、手のひらサイズの出血や膿が治療なしで放置されていると考えると

からだ全体からも無視できない問題であることが理解できると思います。

ポケットから出て血流にのった炎症関連の化学物質は、体のなかで血糖値を下げるインスリンを効きにくくします。

そのため、糖尿病が発症・進行しやすくなります。

歯周病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では歯周病と糖尿病は密接に関連していると言われており

歯周病の治療をすると血糖コントロールが改善するという研究成果も数多く報告されています。

ここでの「歯周病の治療」とは、患者さん自身のブラッシングによるプラークコントロールをしっかり行い

歯科医院で炎症の原因となっている歯石を確実に取り除く(スケーリング)ことです。

そうすることで歯肉の炎症をコントロールできればインスリン抵抗性が改善し

血糖コントロールも改善するということが、日本での研究を含めた多くの臨床研究で報告されているようです。

歯周病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歯を失わないということは、生活の質を直接低下させないだけでなく

生活習慣病や認知症などの予防や管理にも深く影響してきていることが明らかになってきています。

歯周病コントロールのためには、かかりつけの歯科医院で定期健診を受けて

歯周病と糖尿病の管理という観点からだけでなく、将来の快適な生活にもつなげていきましょう^^

 

 

 


鳩が丘歯科クリニック

〒068-0828 北海道岩見沢市鳩が丘3-1-7
中央バス「幌向線」「緑が丘・鉄北循環線」岩見沢バスターミナルで乗車
「岩見沢市役所前」で下車。バス停のすぐ前が当院です。

https://www.hatogaoka-dc.jp/


TOP