最新の医療設備を導入。岩見沢の歯科・歯医者・小児矯正・インプラントなら当院へ。

メールでのお問い合わせ

0126-24-8418


【診療時間】平日9:00~19:00まで(土曜は9:00~12:00まで)【休診】日、祝

歯が”むずむず”することはありませんか?

      2019/07/18

こんばんは ☆ミ

歯が”むずむず”することはありませんか?

歯がむずむずする、考えられる原因をご紹介したいと思います。

 

①歯周病

 

歯がむずむずとうずく原因で考えられるものには、まず「歯周病」があります。

歯周病は段階的に進行するものであり、進行していても気付かないケースもあります。

炎症が進行していきますと、歯を支える骨である歯槽骨にまで炎症が波及して、

歯がグラグラしてくるようになります。ここまでに至ると、痛みを伴うこともあります。

しかし、初期の歯茎が腫れている段階では、痛みを感じることは稀です。

このような初期段階では、歯がむずむずしたり、かゆくなったりするような違和感を感じることがあります。

 

②むし歯

虫歯がひどくなった場合、歯の神経や歯茎などの周辺組織

にまで炎症が及ぶ場合があります。

その場合には、歯がむずむずする感覚に襲われることもあるでしょう。

進行した虫歯が神経を刺激している場合、周辺の歯の感覚にまで影響を及ぼすため、

その部分も含めてむずむずとうずいてしまいます。

また、初期のむし歯で、むし歯の穴に食べ物が詰まったりすると、周囲の歯茎に炎症を起こしてくることがあり、そういった時にむずむずするような違和感を覚えることもあります。

 

③親知らずが腫れている

親知らずのケアがうまく行われていなかったり、生え方などに問題があったりといった理由で、

親知らずの周辺が腫れている場合にも歯がむずむずしてしまうことがあります。

親知らずがうずく程度ならまだ初期段階ですが、進行すると強い痛みが生じたり、

腫れや膿ができたりすることもあります。

 

④歯ぎしりや食いしばり

歯ぎしりや食いしばりをすると、歯には過大な力がかかってきます。

歯周組織には、歯根膜という歯槽骨を歯を結ぶ薄い靭帯のような組織があります。

歯ぎしりや食いしばりにより、歯に大きな力が加わってくると、その歯根膜がその負担に耐え切れなくなります。

その結果、炎症を起こしてしまい、圧力を感じる神経が麻痺します。

すると、歯の周囲にむずむずとしたような変な違和感やかゆみのような感じがするようになります。

 

歯のむずむずサインを見過ごさない為には?

 

歯のむずむずは不快な症状ではありますが、痛みを伴わない状態では軽く見過ごしてしまいがちです。

しかし、その症状にはときに重篤な症状の前触れが隠されていることが多く、放置していると症状が悪化して最悪、歯がなくなってしまう可能性もあります。

歯は一生付き合っていくものなので、毎日のケアをしっかり行って大切に使っていきたいものです。

そのためにブラッシングをきちんと行うこと、歯や周辺組織を痛めてしまう原因を少しでも減らすことが大切です。

なので、歯が「むずむず」すると感じたら、痛みなどが無くても、歯科に受診することをおすすめします。

 

 

ぜひ早めに一度来院してください★

お問い合わせフォーム

 

メールでの問い合わせも可能です^^★


鳩が丘歯科クリニック

〒068-0828 北海道岩見沢市鳩が丘3-1-7
中央バス「幌向線」「緑が丘・鉄北循環線」岩見沢バスターミナルで乗車
「岩見沢市役所前」で下車。バス停から徒歩5分です。

https://www.hatogaoka-dc.jp/


TOP