最新の医療設備を導入。岩見沢の歯科・歯医者・小児矯正・インプラントなら当院へ。

メールでのお問い合わせ

0126-24-8418


【診療時間】平日9:00~19:00まで(土曜は9:00~12:00まで)【休診】日、祝

岩見沢 検診 歯石とり

   

こんばんは

今日は定期検診をうけた方がいいメリットについてご紹介します。

その中でも、歯石とりについてのメリットをご紹介させていただきます。

 

歯の定期検診は、むし歯や歯周病に関する検査を行い、お口のトラブルを早期発見して治療に繋げる事や、

そして、お口のクリーニング(PMTC・歯石除去)やフッ素塗布など、年齢を重ねても、お口の健康をキープできるよう予防処置をおこないます。

メリットとしては、

1むし歯・歯周病の早期発見と予防ができる

2予防することでご自身の歯で食べることができる

3健康寿命を延ばす

4治療にかかる、医療費と時間を減らす

 

なぜ歯石取りをしたほうがいいのか?

【歯石取りのメリット】

メリット1:歯周病の予防

歯周病はお口の健康だけでなく、全身の健康にも悪影響を与える疾患です。悪化すると歯が抜けてしまったり、認知症の原因になることもあります。

汚れが溜まっている状態が長く続き、歯石になってしまうと、歯ブラシで取り除くことはできません。

歯石の表面はざらついているため、その凹凸により汚れが沈着しやすくなり、歯周病が悪化する、という悪循環に陥ってしまいます。

歯石取りはこの悪循環を断ち切り、歯周病を予防する有効な手段です。

メリット2:口臭の予防

歯石は細菌の塊であるプラークがカルシウムを取り込み、硬くなったものです。

そのため、歯石の中には細菌が潜み、増殖しています。

また、歯石の表面はざらざらしていて、細菌が付着しやすい環境です。

そのため、歯石の付着は病的口臭の原因となってしまいます。

歯石が長く放置されればされるほど、細菌は増殖し、口臭が悪化する可能性がありますが、早い段階で除去することができれば、口臭を防ぐことができます。

 

【歯石取りのデメリット】

メリットばかりお話すると、歯石除去にデメリットはないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ここで代表的な歯石除去のデメリットをご紹介します。

まず、歯石がたくさん付着している場合、一気に取ると歯の根本がしみる症状が出ることがあります。

これは、歯と歯茎の間をコーティングしていた歯石が取り除かれることによって一時的な知覚過敏の症状が出るためです。

一時的なもので歯肉の腫れが落ち着くと治ってくる場合がほとんどですが、症状が長く続く場合には知覚過敏の処置が必要になることもあります。

次に、歯周病が重度の場合、歯石を除去することによって歯がグラグラしてくることがあります。

歯周病は骨を溶かす疾患です。

歯周病が進行している場合、歯石が接着剤の役割を果たしていることがあり、それを除去することによって、歯がグラグラしてしまうのです。

歯石でくっつけておけばいいのでは?と思うかもしれませんが、放置してしまうと、さらに歯周病が進行して歯がごっそり抜けてしまうこともあるので、歯を残したい方はしっかりと歯石を除去することをおすすめします。

歯石とりは、メリットもデメリットもありますが、いつまでも健康でいるためには、お口の環境をより良いものしておくことで予防ができます。

そのために定期検診に行きお口の中を綺麗にしてもらうことをおすすめします!


鳩が丘歯科クリニック

〒068-0828 北海道岩見沢市鳩が丘3-1-7
中央バス「幌向線」「緑が丘・鉄北循環線」岩見沢バスターミナルで乗車
「岩見沢市役所前」で下車。バス停から徒歩5分です。

https://www.hatogaoka-dc.jp/


TOP