最新の医療設備を導入。岩見沢の歯科・歯医者・小児矯正・インプラントなら当院へ。

メールでのお問い合わせ

0126-24-8418


【診療時間】平日9:00~19:00まで(土曜は9:00~12:00まで)【休診】日、祝

それはもしかして爆弾かも?フィステル!

   

みなさんおはようございます!!

突然ですが、みなさんお口の中に痛みはないが歯茎にできものがあったりしませんか?

口内炎のようにすこし腫れる程度に膨らんではいるだけで、触っても痛みはない状態。

 

 

 

 

 

 

↑こんな感じに腫れてませんか!

 

 

 

 

 

 

 

 

または・・・こんな感じに!↑

身に覚えはないですか?

「気になるけど・・・」

「放っておけば治るでしょ?大丈夫大丈夫!」

気楽に考えていませんか?

今回は、

口の中のできもの

について掘り下げていきます!

フィステルとは日本語で婁孔(ろうこう)といいます。

体の内部でなにかしらの炎症が起きることで、フィステルは発生します。

歯茎にフィステルができる場合には、歯になにかしらの炎症が起きているということになります。

特にそこから膿が出てたら要注意!

 

こちらは正常な歯↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらは歯の根の部分に膿が出来てしまった図です。

 

 

 

 

 

さらにその膿は袋をつくり大きくなると、歯茎を貫通してそのまま膿が出てくるできものになります。

これがフィステル!

歯髄(歯の神経)が時間をかけて汚染され死んでしまい、歯根の先端に根尖病巣(膿の袋)が出来てしまいます。

 

 

 

 

 

 

穴をあけます

 

 

 

 

 

器具で汚染された歯髄を除去!

 

 

 

 

 

 

キレイにします。

 

 

 

 

このような流れです。

フィステル(できもの)が見られるということは、その周囲の歯の歯髄(歯の神経)が死んで、根尖病巣が出来て骨の中で膿んでいることが疑われます。

フィステルを治療するためには根管治療(神経の治療)を行う必要があり、根管治療が成功して根管内の細菌を十分に除去することができれば、フィステルは消えて無くなります。

 

口の中にできものができた場合、特に膿が出ている場合にはすぐに歯科受診をお勧めします。

そのまま放置しているとどんどん悪化してくるので、みなさんお気を付けを!!

それでは!!


鳩が丘歯科クリニック

〒068-0828 北海道岩見沢市鳩が丘3-1-7
中央バス「幌向線」「緑が丘・鉄北循環線」岩見沢バスターミナルで乗車
「岩見沢市役所前」で下車。バス停から徒歩5分です。

https://www.hatogaoka-dc.jp/


TOP